大人という抜けがら。

いつも何気なく聴いていたはずのコブクロの願いの詩に危うく涙腺を壊されそうになった。
自分の存在がからっぽであればあるほどその空洞に響く歌だな。